お酒

食べやすいくせがないチーズについて

食べやすいチーズといえば、フレッシュタイプです。
フレッシュタイプは製造工程に発酵の過程が無い為、臭みが生じにくいのです。
チーズの臭みや独特の風味の原因は発酵にあり、発酵が進むほどチーズ特有のクセが生じます。

フレッシュタイプは発酵させないのでクセがなく食べやすいと言われています。
カッテージやモッツァレラ、フロマージュ・ブラン、マスカルポーネなど、が一般的です。
クセのなさから、お菓子作りにもよく使われています。

野菜やフルーツにもよく合うのでサラダやサンドウィッチに挟んだりデザートとして楽しめます。
また、発酵熟成されたものでも、白カビタイプはクセが無く食べやすいチーズです。
白カビと聞くと敬遠される方も多いですが、白カビタイプの代表的なものにカマンベールチーズがあります。

周りを白カビで発酵させたもので中はとろとろの食感、クセのないまろやかな味です。
そのままクラッカーにのせる、ジャムをつけるなど手軽に楽しめます。
また、とろとろの食感からチーズフォンデュや、コロッケなどさまざまな料理にも使いやすいチーズです。
以上のようにフレッシュタイプや白カビタイプであれば、チーズ特有の匂いなどのクセもなく食べやすいチーズだと言えます。


このページの先頭へ