お酒

メチオニンを含んだチーズについて

メチオニンとは、肉、魚、乳製品、豆類、ナッツ類などに含まれる必須アミノ酸のひとつです。
硫黄を含み、肝機能を高め、アレルギー症状の緩和、うつ症状の改善、老化防止や抜け毛予防に効果的です。
メチオニンは乳製品に含まれるため、チーズにも含まれていますが、多くの種類の中でもチェダーでは100g当たり700mg、プロセスチーズ100gあたり580mgが含まれています。

メチオニンはナチュラルチーズ、プロセスチーズのどちらにも含まれており、肝臓の機能を高めることから二日酔いにも効くと言われています。
メチオニンはアルコールの分解を促進するため悪酔いや二日酔いを予防しますが、チーズにおいてはさらに乳酸菌や酵素が消化を助け、脂質が胃の粘膜保護にも働きかけるため二日酔いの防止に役立ちます。
チーズに含まれるメチオニンの量は他の食品に比べても多く、ナチュラルチーズのなかでもチェダーの含有量は全食品の中で10番目に含有量が多いといわれています。

プロセスチーズも15番目に含有量が多く、魚類と同等かそれ以上の量を含んでいます。
メチオニンはチーズのほとんどに含まれており、二日酔い予防にも効果的な酒の肴とも言えるのです。
このように快適な環境を齎してくれるので、日常生活を快適にしてくれるのです。

このページの先頭へ