お酒

カロリーが気にならないチーズ

カロリーが気にならないチーズといえばカッテージチーズ、リコッタチーズがあります。
これらは100g当たりのカロリーがカッテージは105kcal 、リコッタは146kcalと、どちらも低カロリーです。
これらは熟成されていないフレッシュタイプという種類で水分含有量が多い事が特徴です。

酸味がありさわやかな風味で、粒状やペースト状のやわらかい食感です。
水分含有量が多く低脂肪のためカロリーを気にせず食べる事が出来ます。
逆に、じっくりと熟成されたチーズは旨味や脂肪分も凝縮されているため、少量でも高カロリーで濃厚な味わいになっています。

パルメザンやチェダーなどのハードタイプがそれにあたります。
100gで300kcal~400kcalのカロリーがあり、ハードタイプという種類のチーズはどれも高カロリーです。
ただ、高カロリーのチーズは濃厚な味わいのため、一度にたっぷりと食べる、というよりは少量ずつ楽しむ、という食べ方が適しています。

それに対し低カロリーチーズは食感が軽くやわらかく食べやすいので、一度にたっぷりと食べてしまうと、摂取カロリーも増えてしまうので注意が必要です。
チーズの種類によってカロリーは様々ですが、一度に食べる量も考慮すると大差がないともいえます。
しかし、カロリーを気にする方は先に挙げたカッテージやリコッタを選択するべきでしょう。


このページの先頭へ