お酒

チーズと相性抜群の食材について

チーズのタイプにより相性の良い食材の組み合わせがあります。
まず、フレッシュタイプはさっぱりしているのでフルーツ全般によく合います。
ジャム、ハチミツ、ハーブやスパイスと相性が良いです。

コクがあり独特な香りのあるウォッシュチーズにはリンゴ、洋ナシ、ブドウ、ドライフルーツの他、ナッツなどとよく合います。
セミハード、ハードタイプにはリンゴ、オレンジ、ブドウ、ナッツ、スパイス、マスタードやピクルスなどが良く合い、シェーブルタイプにはリンゴ、かんきつ類、さくらんぼ、ブドウ、ナッツ、ハーブが、合いますが、ハチミツを合わせるとクセがなくなり食べやすくなります。
白カビタイプと青カビタイプにはリンゴ、洋ナシ、ブドウ、ナッツが合い、白カビタイプは苺、柿、ジャムとも好相性、青カビタイプはドライフルーツ、ハチミツともよく合います。

プロセスチーズにはリンゴ、オレンジ、ブドウ、ナッツ、スパイスと合います。
以上のようにチーズにはリンゴやブドウ、オレンジなどのフルーツや、ドライフルーツ、ナッツ、ハチミツ、スパイスなどが良く合います。
また、クラッカーやパンなどはチーズのタイプを選ばずどんなチーズにもよく合います。

パンはバゲットが良く合うほか、クルミやドライフルーツの入ったパンも好相性です。
また茹でたジャガイモもどのチーズとも相性抜群です。
様々な食材を集め、相性の良い組み合わせを探すこともチーズの楽しみ方の一つです。


このページの先頭へ